Tupiniquim Entertainment 2019 © All Rights Reserved.

Toninho Geraes

トニーニョ・ジェライス

サンバの名曲を数々生み出してきた作曲家・シンガー

 

History

1962年、ブラジルのミナス・ジェライス州ベロオリゾンチ市生まれ。作曲家、歌手。

ベロオリゾンチのサンバ歌手らと交流し、地元のエスコーラ・ヂ・サンバ(サンバチーム)の作曲チームにも加わる等していた。

1980年代よりリオデジャネイロに拠点を移し、音楽活動を開始。

1986年に他アーティストとのコンピレーションLP『Na aba do pagode』に参加、これが歌手としてのデビュー作品となった。同作品は15万枚以上の売上げを記録した。

作曲家として一気に知名度を上げたのが、1995年のマルチーニョ・ダ・ヴィラのアルバム『Tá delícia, tá gostoso』に収録された「Mulheres」。同アルバムは150万枚以上売れた大ヒット作。

 

同郷のサンバ歌手・作曲家のセルジーニョ・ベアガーとの共作曲も多く、中でも有名なのが「Me Leva」という楽曲。

これまでに250曲以上を作曲。ゼカ・パゴジーニョ、ベッチ・カルヴァーリョ、アルリンド・クルス、アルセウ・マイアなどにも楽曲提供。数多くのアーティストに愛され、 歌い継がれている。

2019年にDVD『TUDO QUE SOU』リリース。シャンヂ・ヂ・ピラーレスらも参加。

また、日本国内で活動するブラジル人サンバ歌手のマルキーニョス・ラモス氏のアルバム『Roda De Samba』にも参加している。

 

discography

2016

Tudo Que Sou vol.1
Fragmentos

2016

Estação Madureira

2009

Preceito

2001

Samba de Botequim

1987

Chances Iguais

1986

Na Aba do Pagode

Toninho Geraes Japan Tour 2019
“Tudo Que Sou”

主催:トゥピニキーン・エンターテイメント株式会社